噴煙観測研究のレビュー

現業気象レーダによる観測

澤田(2003)はスミソニアン協会の火山噴火活動報告と著者自身の調査から,2003年までの気象レーダによる噴煙の観測例を報告している。それによれば、噴煙エコーの世界で最初の観測例は1970年5月5日のアイスランドのHelka火山であると考えられる。この観測事例では、高度が5300フィートの噴煙が報告されている。観測事例が最も多い我が国では、1974年7月14日の国後島北東部の爺々岳の噴火が最初のレーダ観測例である。この事例では風下側に筋状に伸びる噴煙エコーがPPI画面に表示され、その時間変化が記録された。但し、当時のレーダエコーのスケッチや記録には積雲あるいは対流性エコーとの記述があり、当時の釧路気象台の職員が噴煙エコーと認識していたかどうかは定かではない。

鹿児島大学・熊本大学噴煙研究グループによる研究

鹿児島大学で噴煙研究が本格的に開始されたのは2002年である(木下ほか,2008)。木下を中心とする噴煙研究グループは、2002年に「南西諸島における火山噴煙の観測解析と配信」プロジェクトを立ち上げ、諏訪之瀬島・薩摩硫黄島の噴煙映像ネットワークカメラシステムを構築した。同時に桜島の多点観測体制が強化された。2003年には「西太平洋域における火山噴煙自動観測体制の展開」プロジェクトにより近赤外映像観測が開始される。これらの研究は,デジタルカメラ,ビデオカメラのインターバル撮影,近赤外ネットワークカメラなどによる噴煙の映像解析を特徴としている。収集された観測記録はアーカイブされwebサイト「火山と噴煙の写真やビデオ映像のページ」で閲覧できる。観測は限られるが、現在も桜島を対象にカメラによる観測が継続されており,2013年8月18日の桜島昭和火口の爆発的噴火の映像が紹介されている。

気象レーダを利用した新たな展開

真木(鹿児島大)らは,2013年に気象レーダを利用した噴煙柱や火山灰雲の研究を開始した。

○科研費など

「降水時の爆発的火山噴火に関するレーダ気象学的研究(2016年~2019年,科研費補助金)

「火山灰のレーダ散乱特性に関する研究」(2012~2016年,科研費補助金)

「南九州地方における地域防災支援データベースの構築」(2013~2015年,文科省委託)

「火山噴出物の放出に伴う災害の軽減に関する総合的研究」(2014~2018年,JST・JICA)

○共同研究

「気象レーダによる噴煙の実態解明と火山防災」(2013~2014年度,京都大学防災研)

「気象レーダによる極端現象の監視と予測に関する研究」(2013年~2015年度,防災科研)

「気象レーダーを活用した火山噴煙に関する研究」(2014~2017年,気象研究所)